温かい家族とはどんなものか

IT機器が進化して携帯電話やパソコン、スマートフォンなどそれなりの年齢に達している子供が入れば家族全員がそういった通信機器を所有している時代になりました。
このことの良い点というのは、好きな時に話しをしたいときに、離れていても話すことができるということです。
相手が電話に出られないような状況に居るときなどは、メールなどを使っても伝えたい内容を送ることができます。
すぐに伝えたい、ということをすぐに伝えらることはとても便利だと思います。

それに、通信機器が深く利用されるようになり家族観でのコミュニケーションが増えたと感じている家族もいるかもしれません。しかし、逆に、問題点もあります。
家庭内にみんなが揃っていて、顔を見て話ができる状況にもかかわらず、わざわざ携帯電話などの通信機器を使って会話をする人もいるということです。
この現象は若い年齢層の世帯では増加傾向にあるようです。
話したいことを伝えられてい入るのかもしれないのですが、コミュニケーションというのは相手の顔を見て図るものです。

どんな気持ちでその言葉を発しているのか、伝えた時の相手の表情を見ることでどんなふうに感じたかを測ることができるのです。
私にも思春期がありました、親と話すのが嫌な時期を通り過ぎてきたのです。
しかし、大人になって、家族が居間に集まって談笑しているのがどれほど素晴らしいことか、ということがわかるようになりました。
温かい家族そのものだと思うからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です